color_lens みずきち ne280057
カラーキャリブレーションの話

こんにちは。今日はカラーキャリブレーションについてお話しようと思います。

少し長くなりますが、とても有益だと思うので是非読んで実践してください。

推しの姿、もっと素敵な色でみたくない??絵師さまが選んだカラーそのままで見たくない??私は見たい。


目次

  1. カラーキャリブレーションとは
  2. 液晶パネルのメーカーを確認する方法
  3. LGディスプレイ用カラープロファイル
  4. カラープロファイルの適用方法
  5. カラープロファイルおすすめ色々
  6. まとめ

1.カラーキャリブレーションとは

カラーキャリブレーションとは、ディスプレイプリンタースキャナーなどの色を入出力する機器で、色を正確に、かつ安定して再現させるために調整することである。(webio辞書より)
要は、液晶パネル毎に微妙に異なる発色を統一しようぜ!ってやつです。

液晶パネル、メーカーによっては勿論、同じメーカーでも個体差がある。それはそう。

今回は28が使っているMac(MacBook Air:11-inch Early2015)を例に挙げてお話しますが、同じ手順でキャリブレできると思うので皆やってみてね。

  • まず、MacBookAirには主に3つのメーカーの液晶パネルが採用されています。

  • LG(韓国)
  • SAMSUNG(韓国)
  • AUO(台湾)

この中でアタリがSAMSUNG製。特にカスタムファイルを入れなくても綺麗に発色する。らしい。

一方でハズレがLG。ネットの海で嘆いてる人は大体この液晶パネル。これがめっちゃ青いんだなぁ。

気になる人は以下のリンクをどうぞ。

https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1405/23/news061.html

(新型MacBook Airの液晶ディスプレイを測色器でチェック)

https://www.mdn.co.jp/di/contents/4411/62495/

(MacBook AirかiPad Proかクリエイターが選ぶべきモバイルデバイス)

2.液晶パネルのメーカーを確認する方法

まずターミナルを開きます。command + Spaceキーで開ける。初めて知った。

出てきた検索タブに「ターミナル」って打ち込めばOK。

ターミナルが開いたら、

ioreg -lw0 | grep IODisplayEDID | sed "/[^<]*</s///" | xxd -p -r | strings -6

上記のコマンドを入力。これでメーカーがわかる。

 ・・・らしいんですけど、エラー吐かれたので他の方法を探しました。エラー吐かなかった人はちょっと待ってください(Xcodeの有無でエラーが出る模様)。

エラーが出た人用

ioreg -lw0 | grep IODisplayEDID | sed "/[^<]*</s///" | xxd -p -r | perl -E '$str = do { local $/; <>; }; say for $str =~/([x20-x6f]{6,})/g'

で、出力される結果がいくつかあります。

  • 「LTH」、「LSN」から始まる文字列 →  SAMSUNG製・・・おめでとう、記事はここまでです。
  • 「LP」で始まる文字列 → LG製・・・楽しいキャリブレーションのお時間です。
  • 「B」から始まる文字列 → AUO製・・・折角だからキャリブレしましょう。

ちなみに私のMacはこう。

LP116WH4

GJWXP89S0VVB

SE2416H

・・・頑張りましょう。


3.LGディスプレイ用カラープロファイル

ありがたいことに、有志がカラープロファイルを作成してくれているのでそれを使いましょう。

カラープロファイルとは、ディスプレイに色補正を施すための便利アイテムです。

https://forums.macrumors.com/threads/any-custom-color-profiles-for-the-samsung-lcd.1508319/

ここに色々あります。

少し下にスクロールすると、

「Air Screen Colour Profiles.zip」というファイルがあるので、それをダウンロードしてください。

いろんなカラープロファイルが入っています。

https://applech2.com/archives/33262981.html

(LG液晶でも少しは見やすくなる?MacBook Air用ディスプレイカラープロファイルまとめ)

このサイトで色んな人が色んなことを言っているのでのぞいて見てください。

「LP116WH4」というのが私の液晶パネルだったので、それ用に作られたプロファイルをいくつかあてていきます。

4.カラープロファイルの適用方法

1.まず、ターミナルに

open /Library/ColorSync/Profiles/Displays/ 

とコマンドを打ち込みます。Finderから “/Library/ColorSync/Profiles/Displays/” を開くのでもOK。

2.開いたDisplaysフォルダに、先程ダウンロードしたAir Screen Colour Profiles内のプロファイルをコピペします。ここでは、「CustumMacRumors.icc」を選んでみましょう。パスワード認証が必要ですが、普通に入力して大丈夫です。

3.コピペできたら、システム環境設定→ディスプレイ。

4.「カラー」のタブを開くと色々プロファイルがあります。下の方にある「カラーLCD」を選択してみてください(上の方にあるのはデフォルトで入ってるやつなのでNG)。

5.選択するとパッと色が変わると思います。すごい!おしまい!


5.カラープロファイルおすすめ色々

zipファイル内のカラープロファイルでいくつかおすすめを挙げます(zipファイル内での名称。()内はディスプレイのカラータブでの名称。)

CustumMacRumors.icc(カラーLCD)

さっき入れたやつ。iphone(8plus)の色味に一番近いかな。少し色味が濃いけど赤みが出てて良い。

・LG Calibrated.icc(Color LCD Calibrated 99)

カラーLCDより少し薄い。カラーLCDで色濃すぎ〜って人はこっちかなぁ。

・LG Color LCD-12.icc(LG Color LCD-12)

部屋が明るい人向けかなぁ。上記2つより結構暗く発色する。カラーLCDと比べると青が強い感じ。

・LG Color LCD-4.icc(LG Color LCD-4)

LG Color LCD-12より少し明るい。黄みよりになる感じ。


ちなみに、この辺いじった後で上の方にあるカラーLCD(多分デフォルト)を選択するとよくわかるんですけど、だいぶうっすいんですよね。浅い。結構目が疲れる感じの色...。


6.まとめ

ここまでやっても、やっぱりiphoneの発色には叶わなかった...。iphone発色良すぎじゃない?綺麗な赤...。

どうしても赤みが少ないので、絵を描く民は強めに赤みを載せるといいかも?ちょくちょく色んな端末で確認しないと厳しいかもしれないですね。お絵かきの民がMac買う場合は、Retinaディスプレイをおすすめします。

Retinaディスプレイっていうのは、高画素密度を保持した高画素ディスプレイのことですね。

結構前からあるんだけど、MacBook Airは搭載されてません(Proには搭載済)(なんならProは出荷時にカラーキャリブレーションされてる)。要はPro一択。iPadにも搭載されているので、ライトなお絵かき層はもうPCじゃなくてiPad買うべきかもしれない。


みんなカラーキャリブレーションしてより美しい推しを見ようね!!!

color_lens みずきち ne280057